プロeスポーツチーム「REJECT」、日本代表として賞金総額約4700万円の国際大会「PUBG WEEKLY SERIES : EAST ASIA」に出場決定

  • HOME
  • ブログ
  • News
  • プロeスポーツチーム「REJECT」、日本代表として賞金総額約4700万円の国際大会「PUBG WEEKLY SERIES : EAST ASIA」に出場決定

株式会社CYLOOKが運営するプロeスポーツチーム「REJECT」のPUBG部門は、約2ヶ月間にわたり開催された国内大規模eスポーツリーグ「PUBG JAPAN CHALLENGE 2021 Phase1」を勝ち抜き、国際大会「PUBG WEEKLY SERIES : EAST ASIA Phase1」に出場が決定したことをお知らせいたします。

■選手紹介


・osakana(大村翔)
部門結成当初から所属するPUBG界最強アタッカー。国内最高峰のリーグであるPUBG JAPAN SERIES Grade1では2度のモストキル賞を獲得するなど、まさに国内トップを駆け抜けるプレイヤー。
Twitter : https://twitter.com/osukoXD


・albert(青野拓也)
長きに渡りesportsの舞台で活躍する人気選手。現在はosakanaの相棒としてチームを引っ張るエースプレイヤー。
Twitter : https://twitter.com/fpser_albert

・SeaKingJAWS(荒山拓真)
国内大会でシーズン優勝、国際大会へ5度出場するなど数多くの実績を誇る絶対的司令塔。圧倒的な経験を基に繰り出される優秀なオーダーでチームを国際大会へと導く。
Twitter : https://twitter.com/SeaKingJAWS


・G0ni1(柴田歩紀)
競技シーン初参加ながら圧倒的なパフォーマンスでチームを国際大会へと導いたPUBG部門最年少のスーパールーキー。
Twitter : https://twitter.com/G0ni1_52

・Tachu(齊藤樹生)
トップクラスの実力を誇る未来のスター選手。初出場した大会で好戦績を残すなど、秘めたポテンシャルの持ち主。
Twitter : https://twitter.com/FPS_Tachu

■代表コメント

代表取締役 甲山翔也

今や多くの部門で国際大会に出場しているREJECTですが、チーム発足のきっかけとなったPUBG部門の立ち上げから2年半の間心折れずに猛練習を重ねようやく初めての国際大会出場の切符を手にした選手たちを誇りに思います。引き続き勝利に惜しみなく投資し、日本のPUBGファンの皆様に良い報告ができるようサポートしてまいります。

■PUBG WEEKLY SERIES : EAST ASIA Phase1について

PUBG JAPAN Corpが主催する約2ヶ月にわたる「PUBG JAPAN CHALLENGE 2021 Phase1」を戦い、勝ち抜いた上位5チーム+シード枠2チームが出場する国際大会になります。

<PUBG WEEKLY SERIES : EAST ASIA 概要>

主催:KRAFTON
試合形式:SQUAD(1チーム4人プレイで16チームが同時に対戦)
スケジュール:プレシーズン:2021年1月6日~1月24日
フェーズ1:2021年4月14日~5月23日
フェーズ2:2021年7月~8月(予定)
賞金:総額約4700万円
公式Twitterアカウント:https://twitter.com/PUBGEsports_JP

報告する
マイナビジョブ20's

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。