ライアットゲームズ、VALORANT Champions Tour 2023の新情報を発表南北アメリカ、APAC、EMEAの合計21の各地域でVALORANT Challengers開催

Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO 藤本 恭史)は、2023年シーズンのChallengersエコシステム設立・拡大計画として、2023年の新Challengersの開催とVCT広域地域ごとのChallengers王者決定戦「Ascensionトーナメント」を新設することを発表いたします。

2023年 新Challengersについて
新たな人材発掘の舞台となる新Challengersは、南北アメリカ、APAC、EMEAの各地で合計21の地域に規模を拡大して開催されます。Challengersは新鋭選手が頭角を現す舞台、インターナショナルリーグを目指すチームが実力を証明する場所、そして「競技」と「ゲーム」をつなぐ場所として重要な役割を果たす存在です。参加希望チームはまずオープン予選を戦い、上位チームがハイレベルなチーム競技環境であるChallengersリーグに参加します。リーグのレギュラーシーズンは複数週開催、2スプリット制で実施されます。スプリットの終わりにはリーグ王者を決めるプレイオフも開催するほか、大規模なChallengersリーグの試合についてはインターナショナルリーグの試合と配信時間が重ならないようスケジュールも調整し、優れた選手やチームにしっかりとスポットライトが当たるように配慮します。
Challengers出場チームにはインターナショナルリーグ、そしてグローバルイベントの参加権を狙う機会も用意されています。

新イベントシリーズ「Ascension」を設立
来年より新イベントシリーズ「Ascension」を設立します。これは全世界にある3つの広域地域で各Challengersリーグが競い合い、それぞれの広域地域で最強王者を決定する戦いです。Challengers Ascensionトーナメントは3つの広域地域で開催され、優勝した各チームには翌年のインターナショナルリーグ出場枠が与えられます。

<CHALLENGERSからの昇格>

Challengersリーグの昇格システムにより、インターナショナルリーグの出場枠は毎年1枠ずつ増加していきます。これは2027年に合計14チームに達するまで続きます。Challengers Ascension優勝チームには、対象地域のインターナショナルリーグに2年間昇格する権利が与えられます。昇格チームはその後のVCTシーズンでインターナショナルリーグのチームと戦い、インターナショナルリーグに近い待遇のもと、同条件でMasters/Championsなどのグローバルイベント出場を目指すことができます。昇格チームは2年後に元のリーグへ戻り、再びChallengers、そしてAscensionトーナメントを通じて再昇格を目指すことになります。
各地域のオープン予選、Challengersイベント、Ascensionトーナメントの具体的な情報については、今秋後半の発表をお待ちください。また、インターナショナルリーグ、グローバルイベント、パートナーチームについても今後数週間のうちに発表を予定しています。

<Challengers昇格戦のスケジュール>

ライアットゲームズ eスポーツ オペレーション代表 Whalen Rozelle
「この数ヶ月、膨大な数のチームからVALORANT eスポーツエコシステム内での競技を希望する声が寄せられたことを受け、私たちはVCT Challengersの計画を拡張することに決めました。強固なChallengersエコシステムはVALORANT eスポーツの長期的成功に欠かせない要因です。そして私たちは、未来のスターを育み、チームとして取り組む価値のある競技シーンを作り出すには競技シーンというピラミッドの”上下に繋げる”ことこそが重要であると確信しています。」

<2023 VALORANT eスポーツ エコシステム>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA