「2021 VALORANT Champions Tour – Challengers Japan Stage2」大方の予想を覆しCrazy Raccoonが優勝し2連覇達成!

  • HOME
  • ブログ
  • News
  • 「2021 VALORANT Champions Tour – Challengers Japan Stage2」大方の予想を覆しCrazy Raccoonが優勝し2連覇達成!

株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が運営する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE(レイジ)」は、合同会社ライアットゲームズによるタクティカルFPSゲーム『VALORANT(ヴァロラント)』の地域大会「2021 VALORANT Champions Tour – Challengers Japan Stage2」のPlayoffsを2021年4月29日(木)・30日(金)・5月1日(土)・2日(日)に開催いたしました。

「2021 VALORANT Champions Tour」はChallengers、Masters、Championsの3段階で構成された大会。地域大会のChallengersとその勝利チームが出場する国際大会のMastersによるStageが年3回行なわれ、シーズンのフィナーレとして世界最高峰の16チームによるトーナメント戦のChampionsが開催。今回のPlayoffsの勝者には賞金100万円と「Masters」への出場権が与えられます。
4月から行なわれていたOpen Qualifier、Main Eventを勝ち上がった8チームによるPlayoffsは、ダブルエリミネーション形式のトーナメントで行なわれました。各試合は5対5のチーム戦で攻守に分かれ、アタッカー側はスパイクと呼ばれる爆弾を設置しての爆破、ディフェンダー側はその爆破を阻止するとラウンドを獲得。13ラウンドを先取するとそのバトルの勝利となり、規定の勝利数に達したほうが勝ち抜けとなります。
Playoffs最終日となる2日(日)には、REJECT(リジェクト)とAbsolute JUPITER(アブソリュート ジュピター)によるLOWER FINALS、そしてその勝者とCrazy Raccoon(クレイジーラクーン)による決勝が行われました。実況のOooDa(オオダ)さんと岸大河さん、解説のyue(ユエ)さんとYukishiro(ユキシロ)さんが見守る中、7時間をこえる熱戦を制し優勝したのはCrazy Raccoon。チームを戦略や作戦面でサポートしてくれたアナリストやコーチの存在も大きかったと選手からコメントが上がっている。リーダーのrion(リオン)選手はアイスランドで行われる「Masters」について、「今まで戦ったことのない敵と戦えるのはありがたいし、そこで結果を残してファンに笑顔を届けるのが僕らの役目。練習して結果を残せるよう頑張るので応援をお願いします」とファンにメッセージを送っていました。
本大会の同時視聴者数(全プラットフォーム)は最大12万を超え、Twitterトレンドで1位 (#VCT)にもなり盛り上がりを見せました。
「2021 VALORANT Champions Tour – Masters Stage2」は現地時間で2021年5月24日から30日に開催。この大会にはCrazy Raccoonを始め、世界各地から勝ち上がってきた10チームが出場します。

【LOWER FINALS】REJECT vs Absolute JUPITER

LOWER FINALは、前日までに行なわれていた試合と同じく2勝したほうが勝ち抜けというルール。視聴者による勝敗予想は「絶対王者」とまで呼ばれたAbsolute JUPITERが80%近い支持率を集めていました。

・Bo1(マップ:バインド)

事前予想を覆してREJECTが3ラウンド先取するものの、Absolute JUPITERはLaz(ラズ)選手の活躍をきっかけに流れを取り返し6ラウンド連取して逆転に成功。その後も一旦6:6まで追いつかれるものの攻守交代でディフェンダーになると勢いを取り戻し、最終的にはAbsolute JUPITERが13:7と突き放して先勝します。

・Bo2(マップ:アセント)

Bo1から一転して、Bo2はREJECTペースで進みました。前半はディフェンダーとして一進一退の攻防を続け、7ラウンドを獲得して折り返し。アタッカーとなった後半戦はAbsolute JUPITERにラウンドを取らせず、6ラウンド連取して勝利します。

・Bo3(マップ:ヘイヴン)

勢いに乗って最終戦に臨んだREJECTでしたが、Absolute JUPITERがそれを阻みました。彼らは見事な対応力で相手の攻撃をしのいで前半戦を9:3で終えると、その後も流れを渡すことなく13:5で勝利し決勝へ進むことになりました。

普段から一緒に『VALORANT(ヴァロラント)』をプレイしているほど仲がよいライバルをくだしても、Absolute JUPITERの面々にはあまり笑顔は見られず。試合後のインタビューでは「王座を奪還しに行きます」(crow[クロウ]選手)、「“絶対”は誰かを教えてあげます」(Reita[レイタ]選手)と真剣なコメントで、因縁の深いCrazy Raccoonとの決戦に意気込みを見せていました。

【決勝】Crazy Raccoon vs Absolute JUPITER

Stage1の決勝、そして前日のUpper BracketでのRound 3と同じ顔合わせとなったStage2決勝は、これまでの戦いと異なり3勝したほうが勝利となります。視聴者による勝敗予想ではAbsolute JUPITERに票が集まり、Stage1での勝者ながらCrazy Raccoonが劣勢でしたが、大方の予想を覆しCrazy Raccoonが優勝しました。

・Bo1(マップ:アセント)

初戦はneth(ネス)選手の驚異的な活躍もあってCrazy Raccoonが優位に試合を進めます。前半を9:3で折り返すと、その後もラウンドを取り続けて最終的には13:3と大差に。実況席が驚きの叫びを何度もあげるほどのプレーを見せ続けたCrazy Raccoonが先勝しました。

・Bo2(マップ:アイスボックス)

Bo2ではAbsolute JUPITERが意地を見せ、中盤まで互角の戦いを展開しました。しかしCrazy Raccoonが7ラウンド、Absolute JUPITERが5ラウンドを取って攻守が入れ替わると、そこからはCrazy Raccoonのペースに。またもや13:5と大差を付けて勝利したCrazy Raccoonが王手をかけます。

・Bo3(マップ:バインド)

Absolute JUPITERのLaz選手がエージェントにヨルを選ぶというサプライズで始まったBo3。その不意打ちが功を奏してかAbsolute JUPITERが4ラウンド続けて取ります。その後もAbsolute JUPITERがリードを保っていましたが、徐々にCrazy Raccoonが追い上げて接戦となりオーバータイムに突入。するとAbsolute JUPITERがラウンドを連取して、逆転に望みをつなぎます。

・Bo4(マップ:ヘイヴン)

Bo4は序盤からAbsolute JUPITERが優勢に進め、Crazy Raccoonが追いかけるというBo3と同じような展開に。ふたたび突入したオーバータイムではCrazy RaccoonがAbsolute JUPITERの反撃も抑えて15:13で勝利。粘り強さを見せたCrazy Raccoonが、Stage1に続いてStage2でも王者となりました。

【優勝チームインタビュー】

決勝後のCrazy RaccoonへのインタビューではAbsolute JUPITERをStage1とStage2の決勝で二度くだしたことが話題に。rion選手は「まぐれではないと証明できたことが嬉しい」、Medusa(メデューサ)選手は「まぐれじゃないと証明できたことが嬉しくて言葉が出ない」と語って安堵した様子を見せます。

また選手からはチームを作戦面やアドバイスで支えたアナリストやコーチに対する感謝のメッセージも。さらに今大会キルジョイを使って大活躍したneth選手が「これで俺が日本一のキルジョイになるんですかね?」と語ると、チームメンバーからは次々に冗談めいた否定の声が。チーム内の空気のよさを感じさせるインタビューとなりました。

アイスランドで戦う意気込みとして「海外での経験を日本に植え付けて、どんどん日本のレベルを上げていきたい」、「アイスランドで優勝し、『VALORANT』は日本が強いと思われ、日本が優遇されるようになりたい」とコメント。そして日本中の『VALORANT』プレイヤーにCrazy Raccoonの応援を呼びかけ、4日間におよぶPlayoffs、そしてChallengersは締めくくられました。

報告する
マイナビジョブ20's

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。